スポンサーサイト

0
    • 2012.12.08 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    山村正のホームヘルパー講座.2

    0
      山村正のホームヘルパー講座.2


      山村正のホームヘルパー講座2では、
      ホームヘルパーの仕事内容について、お話させていただきたいと思います。

      ホームヘルパーの仕事は大きく分けて2つあります。

      日常生活における家事一般を行う生活援助と、要介護者の身体に触れながら行う身体介護です。

      さらに、身体介護には医師の指示に基づいて行うものと、通院時の移動介助、通院に関連する行為を行うものがあります。

      ホームヘルパーは、ケアプラン以外の仕事と、医療的ケアの二つは行ってはいけません。

      次回の山村正のホームヘルパー講座は、資格についてです.





      山村正 募金活動 山村正ホームヘルパー 山村正 福祉 山村正 老人ホーム 山村正 介護 山村正ボランティア 山村正 難民支援 山村正 被災地支援 山村正 義援金 山村正ゴルフ 山村正 乗馬 山村正 信州 山村正そば屋 山村正ブログ 山村正 画像








      前多清志のホームヘルパー講座.1

      0
        前多清志のホームヘルパー講座.1


        前多清志のホームヘルパー講座1は、
        まずホームヘルパーとは何か、お話させていただきたいと思います。

        ホームヘルパーとは、身体的、精神的に日常生活が送れない高齢者・障害者等の家庭を訪問して
        生活のあらゆる面をサポートし、家族の介護負担を少なくする事を仕事とする人のことです。


        少子化・核家族の現在、家族だけで介護・精神的サポートが難しくなってきており、
        必要に迫られ介護保険法が制定され、ホームヘルパーという職業が一般に普及してきました。

        この仕事は、高齢者・障害者に対して「自立支援」を目的とをした公的なサービスです。
        費用は介護保険の中から自己負担分を除いて支払われます。


        前多清志のホームヘルパー講座、次回はお仕事内容についてお話します。




        前多清志 募金活動 前多清志ホームヘルパー 前多清志 福祉 前多清志 老人ホーム 前多清志 介護 前多清志ボランティア 前多清志 難民支援 前多清志 被災地支援 前多清志 義援金 前多清志ゴルフ 前多清志 乗馬 前多清志 信州 前多清志そば屋 前多清志ブログ 前多清志 画像

        前多清志の東日本大震災による被災地支援活動レポート

        0
          前多清志の東日本大震災による被災地支援活動レポート


          震災前の状態が戻るまでの期間、障害を持つ方々や高齢者などの移動手段をどのように確保するのか、既存の移動手段を障害当事者が使えるようにする支援をどのように行うのかの検討は早急な課題です。

          車の確保や人の雇用のために、国や民間の補助制度の活用ができないかの検討も前多清志は必要だと思います。

          南三陸町の住民の方が「今回の被災者は皆、障害者です。住む場所がない。働く場所がない。お金がない。」と話されていたことを聞きました。

          今回の大震災に伴い、社会生活上の困難さから、あたりまえの生活が出来ない状態を障害とするならば、他者との平等を基礎として、震災故にあたりまえの生活が送れない現状を早急に改善する「合理的配慮」が国の責任としてあるはずです。

          個人・地域・南三陸町行政の力・努力だけではどうしようもない状態があると前多清志は思います。

          また、「地域社会の中で一人ひとりのつながりが切られていったことも被害を一層大きくした。高齢で逃げるのが大変な方でも、近隣とつながりがあり、助け合っていた方は、被害が少ない。逆に地域とのかかわりが薄いために助からなかった方たちもいる。」との話も聞きました。

          支援を終え感じたことは、もっと実態を知り、真実を伝え、現実に向き合うこと、この未曾有の大震災で起こったことを風化させないこと。

          私たちがこの大震災から何を学び、何をしなければならないのか、一人ひとりがもう一度考えていかなければならないと思います。

          震災直後の実態について報告を受けていた私は一人では無力と感じることも、多くの人の力があれば少しずつ復興に向かうことができると感じることができました。

          そして、いつか必ず震災前と変わらぬ景色のきれいな南三陸町に私、前多清志が伺いたいと思います。




          前多清志 募金活動 前多清志ホームヘルパー 前多清志 福祉 前多清志 老人ホーム 前多清志 介護 前多清志ボランティア 前多清志 難民支援 前多清志 被災地支援 前多清志 義援金 前多清志ゴルフ 前多清志 乗馬 前多清志 信州 前多清志そば屋 前多清志ブログ 前多清志 画像

          前多清志のホームヘルパー備忘録

          0





            前多清志 募金活動 前多清志ホームヘルパー 前多清志 福祉 前多清志 老人ホーム 前多清志 介護 前多清志ボランティア 前多清志 難民支援 前多清志 被災地支援 前多清志 義援金 前多清志ゴルフ 前多清志 乗馬 前多清志 信州 前多清志そば屋 前多清志ブログ 前多清志 画像前多清志のホームヘルパー備忘録


            こんな記事を目にしました。

            重い歯周病患者ほどメタボになりやすい
            http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120516-00000592-yom-sci

            重い歯周病を患う人ほど、
            メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)になる確率の高いことが、
            滋賀県長浜市民約6000人に対する調査でわかったそうです。
             
            成人の約8割がかかる「口の生活習慣病」と言われる歯周病と
            メタボとの関係を一般市民を対象にした大規模調査で明らかにしたのは全国で初めて。

            17日から広島市で開かれる日本口腔(こうくう)科学会で発表する。
             
            これは前多清志としても
            理解出来る部分がありますね。

            何によりも、歯が悪いというのは
            本当に体に悪影響がありますね。


            ホームヘルパー前多清志として
            普段の介護で感じています。
            「体の中は全部つながっている」
            と自覚するようになったのは

            体のどこかが悪いと、
            体の他の部分に影響する、
            という単純なことなのかなと思ったり

            でも高齢になるにつれて、
            みんな歯医者に行くのを嫌がるなあと。

            顎関節症であるとか、そういうことに関係なく。

             

            前多清志のホームヘルパーとして働く

            0
              前多清志のホームヘルパーとして働く


              「ホームヘルパートラブル解消法」

              ホームヘルパーとして実際に働き出すと、
              様々なトラブルに遭遇します。

              そうしたトラブルに、どのように対処すべきかを、前多清志が詳しく解説します。


              〜利用者との感情のズレがあった場合〜

              ホームヘルパーは、人間相手の仕事です。
              しかも、相手は介護・介助を要する高齢者の方がほとんどです。

              高齢者の方は、様々なメンタル面でも不安を抱えていたり、
              思うように身体が動かないためにストレスを抱えていたりします。

              そうした中で、利用者との感情のズレによるトラブルが、実は非常に多いのです。

              このような場合は、まずはホームヘルパー側の対応が求められると前多清志は思います。
              基本は、第一印象です。

              ●利用者宅に訪問したら、まずは明るい口調で挨拶する。
              ●相手の表情を読み取って、受け答えをする。
              ●作業をする時には、「?をします」などの声掛けを行う。
              ●相手の気分をほぐすような話題を心がける。

              などの対応をしましょう。
              ポイントは、「相手の気持ちを尊重すること」です。

              利用者によったら、「ホームヘルパーなんかいらない」「もう来るな」などと、
              露骨に不満を口にする場合もありますが、不安を抱えた高齢者の気持ちを考えて、
              冷静に対処するようにしましょう。




              前多清志 募金活動 前多清志ホームヘルパー 前多清志 福祉 前多清志 老人ホーム 前多清志 介護 前多清志ボランティア 前多清志 難民支援 前多清志 被災地支援 前多清志 義援金 前多清志ゴルフ 前多清志 乗馬 前多清志 信州 前多清志そば屋 前多清志ブログ 前多清志 画像

              介護ホームヘルパー前多清志のアドバイス1

              0
                ホームヘルパーの資格を取得し
                仕事としても、親族の介護にも役立つ
                情報を前多清志が紹介していきます。


                〜利用者の安全確保〜

                ホームヘルパーが行う身体介護において最も大切なことは、
                利用者の安全を優先することです。

                身体介護を必要とする人は、
                心身に何らかの障害を持っていることが多いです。

                ですから一つ一つの動作に対して、恐怖心を持ってしまいがちになります。
                この恐怖心を和らげ、
                「歩きたい」
                「身体を起こしたい」
                という要望をかなえてあげるのが、

                ホームヘルパーの重要な仕事でもあります。

                まずは安全の確保をしましょう。

                これは、ホームヘルパーの基本として、しっかりと認識する必要があります。


                〜介護の前に、相手をよく観察する〜

                利用者の人格を尊重するということは、
                相手のことをよく理解するということでもあります。

                ホームヘルパーは、高齢者を相手にするので、
                高齢者特有の心理状態を良く知ることも大切です。

                例えば認知症の方は、どんな表情やしぐさの特に不安感を覚えているのか、
                などもよく観察して、介護の前によく理解しておく必要があります。

                当然、人にはそれぞれ個性があります。

                認知症という症状でひとくくりにするのではなく、
                個人個人の性格や特有の言動をよく観察し、

                その方にあった対応の仕方を考え、行動するのが、
                プロとしてのホームヘルパーの仕事だと前多清志は思います。




                前多清志 募金活動 前多清志ホームヘルパー 前多清志 福祉 前多清志 老人ホーム 前多清志 介護 前多清志ボランティア 前多清志 難民支援 前多清志 被災地支援 前多清志 義援金 前多清志ゴルフ 前多清志 乗馬 前多清志 信州 前多清志そば屋 前多清志ブログ 前多清志 画像

                前多清志さんに聞く!ホームヘルパーの入浴・清拭の介助で重要なこと

                0
                  前多清志さんに聞く!ホームヘルパーの入浴・清拭の介助で重要なこと



                  〜入浴介助は、優しく、ゆっくり〜

                  入浴介助で必要なのは、「慎重さ」です。
                  いきなりお湯をかけるのは厳禁。足元からゆっくりと湯で温めて、
                  急激な温度変化を感じさせないように気を配ってください。
                  優しく、ゆっくりと湯船につからせ、身体を洗う場合も力まかせにゴシゴシこすらずに、
                  優しく丁寧に洗ってください。
                  利用者の様子が、少しでも「変だな」と思ったら、すぐに中止するように心がけましょう。


                  〜皮膚の状態にも注意〜

                  身体を拭くという、「清拭(せいしき)」は、ついつい気を緩めがちですが、
                  実は入浴介助と同じくらい気を使うべき作業です。
                  高齢者の場合は、肌が弱くなっている人も多いので、力まかせに清拭するのは、厳禁です。
                  床ずれなどの症状が見られることもありますので、力の入れ具合や、拭く方向などが、
                  ホームヘルパー研修で教えられるので、しっかりと覚えてください。


                  入浴、清拭いずれも、衣服を脱いでの介助になるので、
                  利用者のプライバシーにも十分配慮する必要があると前多清志は考えています。




                  前多清志 募金活動 前多清志ホームヘルパー 前多清志 福祉 前多清志 老人ホーム 前多清志 介護 前多清志ボランティア 前多清志 難民支援 前多清志 被災地支援 前多清志 義援金 前多清志ゴルフ 前多清志 乗馬 前多清志 信州 前多清志そば屋 前多清志ブログ 前多清志 画像

                  前多清志さんに聞くホームヘルパー養成研修の基礎その2

                  0
                    前多清志さんに聞くホームヘルパー養成研修の基礎その2




                    〜養成研修の段階〜

                    ホームヘルパー養成研修には、3級から1級の段階を経て行われ、それぞれに継続養成課程があります。
                    これらの課程を修了した者が、それぞれ1級?3級のホームヘルパーと呼ばれることになるのです。
                    一般的に、「2級ヘルパー」「1級ヘルパー」と呼ばれるのは、
                    それらの養成研修を修了したという意味になるのです。
                    この養成研修は、行政機関や学校法人、民間企業などが開催していて、
                    厚生労働省が示したカリキュラムに沿って、養成研修が実施されます。
                    養成研修を修了すると、修了認定証が発行され、晴れてホームヘルパーとして、
                    介護事業所で働くことができるのです。


                    〜養成研修の種類〜

                    ホームヘルパーの養成研修には、3級?1級と、継続養成研修という課程があります。
                    3級ホームヘルパーは、養成研修の中では、入門コースにあたります。
                    ここでは、介護や福祉について、基本的な知識などを身につけます。
                    ただし、介護事業者は、3級ではなく、2級以上の研修を受けたホームヘルパーでないと、
                    常勤として雇わないケースが多くあり、
                    3級はあくまで、2級ホームヘルパーへのステップアップのための過程だと考えてください。




                    前多清志 募金活動 前多清志ホームヘルパー 前多清志 福祉 前多清志 老人ホーム 前多清志 介護 前多清志ボランティア 前多清志 難民支援 前多清志 被災地支援 前多清志 義援金 前多清志ゴルフ 前多清志 乗馬 前多清志 信州 前多清志そば屋 前多清志ブログ 前多清志 画像

                    前多清志さんに聞く!ホームヘルパーの入浴・清拭の介助で重要なこと

                    0
                      前多清志さんに聞く!ホームヘルパーの入浴・清拭の介助で重要なこと


                      ホームヘルパーの資格を取得して働く際に役立つ
                      情報を前多清志が紹介していきます。


                      〜入浴・清拭介助の心構え〜

                      ホームヘルパーの介護・介助の仕事で、利用者の清潔感を維持することは、とても大事な仕事になります。
                      入浴は、清潔になるだけではなく、心身のリフレッシュにもつながります。
                      しかし、衣服を脱ぐという行為を伴いますので、
                      風邪を引いたり、血圧に悪い影響を与える場合もあるので、特に気を使う作業です。
                      しっかりと、利用者の身体を支えないと、湯船でおぼれてしまうというケースもあります。
                      入浴介助は、ホームヘルパーの仕事の中でも、比較的利用者が多い介助です。
                      できれば、入浴介助を行う前に、しっかりと訓練をするようにしましょう。


                      〜観察を怠らない〜

                      入浴は、基本的には気分の良いものです。
                      しかし、入浴介護中に利用者の気分が悪くなる場合もあります。
                      血圧が急に上昇したりする危険性もありますので、入浴介助中は、常に利用者の顔色を観察し、
                      すこしでも気分が悪そうな顔をしていたら、声をかけて、中止するように心がけてください。




                      前多清志 募金活動 前多清志ホームヘルパー 前多清志 福祉 前多清志 老人ホーム 前多清志 介護 前多清志ボランティア 前多清志 難民支援 前多清志 被災地支援 前多清志 義援金 前多清志ゴルフ 前多清志 乗馬 前多清志 信州 前多清志そば屋 前多清志ブログ 前多清志 画像

                      前多清志さんに聞く!ホームヘルパーの食事の介助で重要なこと

                      0





                        前多清志 募金活動 前多清志ホームヘルパー 前多清志 福祉 前多清志 老人ホーム 前多清志 介護 前多清志ボランティア 前多清志 難民支援 前多清志 被災地支援 前多清志 義援金 前多清志ゴルフ 前多清志 乗馬 前多清志 信州 前多清志そば屋 前多清志ブログ 前多清志 画像前多清志さんに聞く!ホームヘルパーの食事の介助で重要なこと


                        食事は、誰にとっても生きる力の源です。
                        単に、栄養の補給というだけではなく、「楽しみ」でもあるので、
                        食べるという行為を楽しんでできるような環境を整えてあげるのが、
                        ホームヘルパーの仕事だと前多清志は考えています。
                        では前多清志が考える食事の介助の心得についてお話していきたいと思います。


                        〜安全面に配慮する〜

                        高齢者の食事介助をする場合は、噛む力や、飲む力が衰えている場合があるので、特に注意が必要です。
                        相手の食べるペースをしっかりと把握し、個人個人にあったペースで食事介助を行ってください。
                        特に、食べたものが気管に入る(誤嚥=ごえん)と、非常に危険なので、
                        寝たきりの方に対して食事介助を行う場合は、特に注意が必要です。


                        〜食事用の器具について〜

                        手先がうまく動かせない人に対し、自分で食事をとりやすいように、自助具が市販されています。
                        お年寄りの状態に合わせて、適したものを選びましょう。

                        ●はし
                        軽く握るだけで自然にはし先が合うようになっているものや、
                        指の動きだけで使用できるものなどがありますので、要介護者の状態を見て、適切なはしを選びましょう。

                        ●スプーン・フォーク
                        使用者の手に合わせて、スプーン・フォークの先の部分を自由に曲げることができるものなどがあります。

                        ●ホルダー
                        スプーンや歯ブラシ、鉛筆など手に握るものにさしこみ使います。
                        バンドで手に装着できるので、自分の手で食事をすることが可能になります。

                        ●皿
                        皿の底に傾斜をつけて飲みやすくしたり、皿を傾けなくてもスプーンですくいやすい皿です。

                        ●コップ
                        寝たきりの方や、手先が動かしにくい方のために、取っ手がついて持ちやすいコップなどがあります。


                        〜食後のケア〜

                        食事介護は、「たべさせたら終わり」ではありません。
                        食事の世話の中で大事な仕事として、毎食後の「口腔ケア」があります。
                        つまり、食後に口の中を清潔にすることです。
                        特に、手先が思うように動かせない人には、
                        ホームヘルパーが歯磨きを手伝ってあげるなどの介護が必要になります。
                        また、毎食後に決まった薬を飲んでいる方には、薬をきっちりと飲ませてあげることが大切です。
                        そのためには、介護の事前によく調査、聞き取りをすることを怠らないでください。
                        薬を飲ませる場合は、主治医や薬剤師の指示をきちんと実行することが、何より大切です。
                        その他、後片付けなども、ホームヘルパーの仕事になります。
                        また、食後には、相手の方に話しかけ、気分を落ち着かせるように気を配ることも
                        ホームヘルパーの仕事だと前多清志は考えています。
                         

                        calendar
                            123
                        45678910
                        11121314151617
                        18192021222324
                        252627282930 
                        << June 2017 >>
                        PR
                        ネット誹謗中傷の無料相談
                        selected entries
                        archives
                        recommend
                        links
                        profile
                        search this site.
                        others
                        mobile
                        qrcode
                        powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM